はっちょんの旅行記 これぞ日本の橋眼鏡橋(長崎県長崎市)

めがねばし
眼鏡橋
(長崎県長崎市)

2009/6/12(金)

眼鏡橋の紹介

日本三名橋の1つ「眼鏡橋」

  • 高さ(水面から)5.46m
  • 橋の長さ22m
  • 橋の幅3.65m
眼鏡橋

眼鏡橋は、長崎県長崎市の中島川に架かる橋で国指定の重要文化財。また、日本三名橋の1つ、そして日本最古の石造アーチ橋になります。眼鏡橋が架かる中島川には、「中島川石橋群」として12もの石橋が架けられており、眼鏡橋はその第10橋にあたります。

眼鏡橋は、水面に映るその容姿から昔から人々に「めがね橋」と呼ばれていたが、明治15年(1882年)に正式に「眼鏡橋」として命名。

実際に見てみると確かに眼鏡のように見えました。
橋の中央にある橋脚が少し出ており、それが“鼻”のように見えてかわいかった。

眼鏡橋の歴史

永11年(1634年) 中国江西省建昌府建昌県の黙子(もくす)禅師(興福寺唐僧)により架設。
正保4年(1647年) 洪水により被害をうける。
慶安元年(1648年) 平戸好夢(こうむ)により修復。
明治15年(1882年) 正式に「眼鏡橋」と命名。
昭和57年(1982年) 集中豪雨により被害をうける。
View this post on Instagram

眼鏡橋

HHさん(@hattyonn)がシェアした投稿 –

あじさい祭り

あじさいと眼鏡橋

この日は、長崎市内で「あじさい祭り」が行われていて、中島川沿いにも紫陽花がたくさん飾られていました。あじさいと眼鏡橋はお似合いだった。

スタンプもあったのでもちろん判を押した。

  • あじさいと眼鏡橋
  • 眼鏡橋
  • 眼鏡橋のスタンプ

眼鏡橋のライトアップ

眼鏡橋のライトアップ

夜に再度、眼鏡橋を訪れてみると、やはりライトアップされていた。
う~ん、キレイだ。

マップ

長崎県長崎市魚の町・栄町と諏訪町・古川町の間 ( 大きな地図で見る

アクセス

最寄駅

交通手段

コメント

コメントを送信