はっちょんの旅行記 これぞ日本の橋諫早眼鏡橋(長崎県諫早市)

いさはやめがねばし
諫早眼鏡橋
(長崎県諫早市)

2009/6/13(土)

諫早眼鏡橋の紹介

日本最初の重要文化財指定の石橋

  • 高さ(水面から)6m
  • 橋の長さ45m
  • 橋の幅5m
諫早眼鏡橋

諫早眼鏡橋(いさはやめがねばし)は、長崎県諫早市の諫早公園にある橋で日本三名橋です。
石橋としては、日本ではじめての重要文化財指定になります。(昭和33年)

諫早眼鏡橋は、当初、天保10年(1839年)に本明川に架橋された。しかし昭和32年(1957年)の諫早大水害の後、本明川の川幅を広げる際に壊される予定になったが、市民の願いによって昭和36年に現在の諫早公園に移された。

長崎の眼鏡橋より大きな眼鏡橋。現在は、公園内にあるので通常の道としては使用されていないが、その容姿は歴史と貫禄を思わせるものがある。

  • 諫早眼鏡橋
  • 諫早眼鏡橋
  • 諫早眼鏡橋
View this post on Instagram

諫早眼鏡橋

HHさん(@hattyonn)がシェアした投稿 –

くじらばし

くじらばし

諫早公園内の諫早眼鏡橋の近くにある、かわいらしい小さな橋。
この橋も元は本明川に架かっていたが、幾度かの移転をし、最終的に昭和32年(1957年)の諫早大水害の後、現在の諫早公園に移された。

マップ

長崎県諫早市高城町(諫早公園内) ( 大きな地図で見る

アクセス

最寄駅

交通手段

コメント

コメントを送信