はっちょんの旅行記 これぞ日本の橋レインボーブリッジ(東京都)

れいんぼーぶりっじ
レインボーブリッジ
(東京都)

2009/7/17(金)

レインボーブリッジの紹介

首都高の名所

  • 高さ(水面から)約50m
  • 橋の長さ1523m(吊橋部:798m)
  • 橋の幅49m
レインボーブリッジ

レインボーブリッジは、東京都港区の芝浦とお台場を結ぶ東京湾に架かる吊り橋です。

1987年に着工され、1993年に開通。「レインボーブリッジ」の名称は一般公募により決定されたもの。

レインボーブリッジは、上下の2層構造になっていて3つの交通機関を有している。
上層には4車線の首都高速、下層は中央にゆりかもめ、その両サイドにリン臨港道路がありさらにその外側にレインボープロムナードがある。

無駄な装飾がなく、補剛トラスやケーブルが交わる幾何学的な模様に純粋な造形美を感じ、かっこいい。個人的にはライトアップされるよるよりも、昼間の姿の方が好きだ。

  • レインボーブリッジ
  • レインボーブリッジ
  • レインボーブリッジ
  • レインボーブリッジ
  • レインボーブリッジ
  • レインボーブリッジ

レインボーブリッジの夜景

レインボーブリッジがライトアップされた夜景はきれいでした。
季節(夏・冬)や曜日(平日・休日・祝祭日)により、ライトアップの色が変化します。夏季なので、白いライトが灯されている。

レインボーブリッジ

レインボープロムナード(遊歩道)

レインボーブリッジを歩いて渡る

入場料金 無料
開館時間 夏季(4月~10月)9:00~21:00(最終入場20:30)
冬季(11月~3月)10:00~18:00(最終入場17:30)
休館日 第3月曜日
  • 自転車通行禁止(折りたたみ自転車の場合は、専用の袋に入れればOK)

レインボープロムナードとは、レインボーブリッジを歩いて渡る事ができる歩道のことです。芝浦~お台場間を移動します。

約1kmの道のりになります。普通に歩いて30~40分くらいで渡れると思います。私は写真を撮りながらでしたので、1時間以上かかりました。(笑)結構いい運動になります。

レインボープロムナードには「ノースルート」と「サウスルート」がありますが、レインボーブリッジを見たい(写真を撮りたい)なら「ノースルート」、お台場を見たい(写真を撮りたい)なら「サウスルート」をお薦めします。

また、この日は平日だからか、歩いている人はほとんどいませんでした。
すれ違った人は2人、同じ方向に歩いていった人が2人、くらいでした。空いているので、私としてはよかったのですが。

いざ芝浦からお台場へ

芝浦側から歩いてわたる場合は、「ゆりかもめの」の「芝浦ふ頭駅」で下車し、徒歩5分くらいのところになります。

  • レインボーブリッジへの道順

    「芝浦ふ頭駅」で下車し、橋を目指して歩きます。

  • レインボープロムナードの看板

    レインボープロムナードの看板

  • レインボープロムナードの入り口への道

    レインボープロムナードの入り口への道

歩きだして5分もしないうちに、レインボーブリッジが間近に見えてきます。
入り口付近から見上げるレインボーブリッジは迫力があります。

  • レインボープロムナードの入り口

    レインボープロムナードの入り口

  • レインボーブリッジの模型

    レインボーブリッジの模型

  • レインボープロムナードのスタート地点

    レインボープロムナードのスタート地点

今回は、お台場側を見たい(実分大のガンダムの写真を撮るため)ので、「サウスルート」を歩くことに。
歩道のすぐ隣を車と、ゆりかもめが走っています。

  • すぐ隣に車が走る

    すぐ隣に車とゆりかもめが走る

  • 休憩所

    途中に休憩所がある

  • 境界線

    芝浦とお台場の境界線

中間くらいは結構風が強いので、帽子をかぶっている場合は要注意です。
当然、車やゆりかもめの音なども結構すごいです。

  • 吊り橋部を越えると下り道に

    吊り橋部を越えると下り道に

  • お台場側へ到着

    お台場側へ到着

  • お台場側の入り口

    お台場側の入り口

無事、お台場側へ到着。
お台場側の入り口を出て、潮風公園(実物大ガンダムがあった)には海岸沿いを歩いて15分くらいで着きました。

マップ

東京都港区海岸3-33-19(芝浦岸料金所) ( 大きな地図で見る

アクセス

最寄駅

交通手段

コメント

コメントを送信