はっちょんの旅行記 これぞ日本の橋雪鯨橋(大阪市東淀川区)

せつげいきょう
雪鯨橋
(大阪市東淀川区)

2009/8/6(木)

雪鯨橋の紹介

クジラの骨でできた橋

  • 高さ(水面から)
  • 橋の長さ約3m
  • 橋の幅約2m
雪鯨橋

「雪鯨橋」(せつげいきょう)(単に「鯨橋」とも言う)は、大阪市東淀川区の瑞光寺(ずいこうじ)の境内にある弘済池に架かっている橋です。
その名の通り、鯨の骨を用いて作られています。
「雪鯨橋」の名称は、クジラの骨の白さから当時(1756年(宝暦6年))の瑞光寺の住職・潭住知忍(たんじゅうちにん)禅師によって名づけられました。

現在の雪鯨橋は第6代目で、2004年に北西太平洋(北海道沖)の調査捕鯨で捕獲されたイワシクジラの「下顎の骨」と「扇骨(肩甲骨)」、および2005年に南極海で捕獲されたクロミンククジラの「脊椎」が利用されています。

古くは橋板にもクジラの骨が利用されていたそうですが、今は欄干の箇所だけで橋桁などの基礎部分はコンクリートで作られています。クジラの骨が使われている橋は初めて見ました。

  • 雪鯨橋
  • 雪鯨橋
  • 雪鯨橋

瑞光寺

瑞光寺

渡香橋を渡ると、牙のようにそびえ立つ骨があります。
なんかお寺っぽくなくてかっこいいです。

また、境内には、橋以外にもクジラの骨が作製されたものがありました。
5代目の欄干に使用された骨も飾っていました。

  • 瑞光寺
  • 瑞光寺
  • 瑞光寺

マップ

大阪市東淀川区瑞光2丁目2番2号 ( 大きな地図で見る

アクセス

最寄駅

交通手段

阪急 上新庄駅から瑞光寺までの徒歩ルートマップ

コメント

コメントを送信