早朝の帯屋町アーケードをめぐり三翠園温泉に入る

はっちょんの旅行記ちょこっと旅行高知の秘境の海洋堂はりまや橋と三翠園温泉

ちょこっと旅行

高知の秘境の海洋堂

はりまや橋と三翠園温泉

早朝のはりまや橋へ

高知駅に着いたら朝風呂に入る予定をたてていたのだが、行った銭湯(サウナ)は男性専用であえなく断念。当然、前もってサイトで調べていたのだが、どうやら女性用がなくなったみたいで、、、1階にあるフロアマップにも、隠すように張り紙が貼られていた。
仕方ないので、先に「はりまや橋」に行くことに。早朝なので人の姿も少なく、ゆっくりと橋を見れたので結果オーライ。

静かな帯屋町アーケード

その後、朝食とるために帯屋町アーケードにあるマクドへ。
早朝なのでマクドしか空いていなかった。(マクドも6時30分開店だった)なぜか、店舗の横にトトロが、、、
ソーセージエッグマフィンにかじりつきながら、持っていったiPadで近場のお風呂を検索!(まだ諦めていない!?)
こういう時にiPadは便利だな~。iPhoneでもいいけど、やはり画面が小さくてちょっとしんどいかな。

検索してみると、おぉ~、近いところに良さげな温泉があるではないか。ということで、食べ終えると三翠園温泉へ出発。
ちなみに、帯屋町アーケードのあたりでも8/12に催されるよさこい祭りの準備がされていた。今回の旅ではよさこい祭りは見ないので、また次の機会に。

朝風呂でさっぱり

ひろめ市場の前を通り、徒歩10分ほどで三翠園ホテルに到着。三翠園は基本はホテルで、ウェディング会場としても利用できる。
また、ホテルの敷地内に重要文化財の「旧山内家 下屋敷長屋」があり、さらに今は、NHKの大河ドラマ「江」に関連した記念撮影用の看板もあった。しかも、アンパンマンの作者のやなせたかし先生のイラスト付き!

高知駅もアンパンマン電車やアンパンマンのイラストのゴミ箱などがいろいろあったが、やなせたかし先生が高知県香美市の出身で、いろいろ協力しているよう。
香美市では1996年にやなせたかし記念館「アンパンマンミュージアム」がオープンしている。

三翠園ホテルからすぐ近くにある鏡川沿いの三翠園温泉へ移動。鏡川では、近くの大学生たちが気持ち良さそうにカヌーの練習をしていた。
そして、さらに鏡川の上流を眺めてみると、おぉ~、赤い欄干の天神大橋が!
天神大橋を堪能し、やっとこさ三翠園温泉へ。朝風呂と言っても10時だったが、それでも風呂に入っている人は少なく、のんびりと風呂にはいることができたので、心も体もリラックス!ちなみに、三翠園温泉は朝は10時から営業開始なので、ちょうどよかった。大人900円です。

三翠園温泉のマップ

高知県高知市鷹匠町1-3-35 
大きな地図で見る

さぁ、疲れもとれたところで、次の場所「海洋堂ホビー館四万十」を目指そう!

コメント

コメントを送信

✕ 広告を閉じる

旅行の宿泊先を安くしたい方は必見!ホテルズコンバインドで一括検索!

旅行の宿泊先を安くしたい方は必見!