興福寺、幣振坂、オランダ坂など解夏のロケ地をめぐってみた

はっちょんの旅行記ちょこっと旅行軍艦島と解夏と石橋 in 長崎解夏巡り

ちょこっと旅行

軍艦島と解夏と石橋 in 長崎

解夏巡り

興福寺(解夏のロケ地)

興福寺の第2代住職の黙子如定は眼鏡橋を架設したことで有名であり、第3代の逸然は長崎漢画の祖として有名。
解夏の中で高野隆之が訪れた寺である。

幣振坂(解夏のロケ地)

幣振坂(へいふりざか)は、解夏の冒頭で高野隆之と高野聡子がお墓参りをするために登っていた階段。
実際に一番上まで登ってみたが、かなり大変だった(汗)でも上からの見晴らしはよかった。降りるときは、崇福寺を目指して違う道をいく。

崇福寺

一つの寺でこれだけの文化財を擁するのは京都や奈良を除けば西日本随一という崇福寺(そうふくじ)。全部で21もの文化財がある。

オランダ坂(解夏のロケ地)

かつて長崎の人々は、出島に住むオランダ人の影響から開国後も東洋人以外の外国人を「オランダさん」と呼び、「オランダさんが通る坂」という意味で、石橋の坂を「オランダ坂」と呼んでいたよう。

解夏の中で高野隆之と朝村陽子が歩いていた坂道である。赤レンガの塀のある坂道は、高野隆之が歩いていた坂。

コメント

コメントを送信

✕ 広告を閉じる

最大50%OFF!宿泊先を安くしたい方は必見!Trip.comで厳選ホテルを検索!

最大50%OFF!宿泊先を安くしたい方は必見!